お知らせ
2016.05.15
本日5月15日(日)18時より第2回野球力測定会のお申込み受付開始です。

本日、18時より申込み受付を開始いたします。

HP内のお申込みフォームに必要事項を記入しお申込みください。

先着200名となっておりますのでお早めにお申込みください。

 

2016.05.3
第2回野球力測定会 兼 第2期U15KWB島根県選抜選手選考会のチラシが完成しました。

チラシは、5月中旬頃から島根県中体連野球専門部様より各中学校に配布されます。

応募受付開始は5月15日(日)18:00〜となります。先着200名となりますので、お早めにお申し込みください。

お問合せは、SBI事務局までお問合せください。

第2回野球力測定会 兼 第2期U15KWB島根県選抜選手選考会チラシ

 

2016.05.2
しまね中学生野球力向上事業に関する Q&A集

Q.野球力測定会の内容はどのようなものですか?
A.野球力測定会では上記の野球力のうち野球に必要な「体力」
について測定を行います。野球力における体力は
「野球フィジカル」と「アスリート力」から構成されています。

それぞれにおける測定種目は以下の6種目です。
「野球フィジカル」
①ベースランニング(一塁駆抜け、ツーベース、ホームラン)
②スイングスピード
③球速
「アスリート力」
④立ち3段跳び
⑤メディシンボール投げ(3kg)
⑥4M反復横跳び

Q.15U KWB島根県選抜の選手には、どのように選考されますか?
中学時代の実績は参考にされないのでしょうか?

A.上記6種目を測定し、6種目の合計で優れている選手1位から20位までの選手をU15 KWB島根県選抜の選手として選考します。中学野球部時代の実績を選考基準にすることはありません。公平性重視の考え方ですので、ポジションについても選考基準に入れておりません。

Q.松江市選抜、出雲市選抜など、市や町の選抜チーム、硬式クラブチームとのダブル登録は可能でしょうか?
A.選手への負担が大きいため、ダブル登録はできないことになりました。県選抜チームへの
      専念をお願いいたします。

Q.隠岐の島町在住ですが、島根県選抜に選考されたとしても、毎回の活動に参加することが難しいかもしれません。そのような参加は許されますでしょうか?
A.問題ありません。
本事業は島根県全域の中学生を対象にしています。
交通の便が悪い地域の方への配慮や理解については徹底します。
例えば、電車の時間の都合で練習開始時間に間に合わない、
船の便の関係で途中で帰らないといけないなど、
事情をご相談いただければ特別な配慮をいたします。

Q.硬式クラブチームに所属する中学生でも、この測定会に参加できますか?
A .参加可能です。野球未経験者でも参加できます。

Q.島根県選抜に入ることができなくても、   野球力測定会に参加するメリットはありますか?
A.野球力測定会は、参加全選手の野球力向上を目的としています。野球に必要な体力を測定するだけ
      でなく、専門家から技術や戦術についての指導も受けることができます。

Q.KWBの大会のレベルのは高いのですか?
A.非常にハイレベルです。出場チームの多くが、都道府県選抜レベルで出場しています。

詳細はKWB連盟の公式ウェブサイトをご覧ください。

Q.野球力測定会兼島根県選抜選考会の申込の開始と〆切はいつでしょうか?

A.申込受付開始は5月15日、〆切は6月15日です。ただし、先着200名となっていますので、200名の申込みがあり次第、申込みは終了します。

Q.U15 KWB島根県選抜チームのメインの練習会場はどこでしょうか?

A.県内全地域から集まりやすいように、出雲市や江津市で行います。2016年の練習は、すべて合宿形式にしております。

Q.島根県選抜の選考基準になる測定種目のやり方を詳細に教えてもらえないでしょうか?

A.ベースランニングは光電管(1/100秒まで対応)を用い一塁駆け抜け、ツーベースをそれぞれ一回だけ測定します。スタート位置は、ホームベースのキャッチャー側頂点です。ツーベースではスライディングはしません。

スイングスピードについては、スイングスピード測定用のスピードガンを用い3本測定し、一番速いスピードを記録します。測定に使用するバットは硬式用900gのミズノ社製Vコングを使用します。

球速については、3球程度ネットに向かって投げこみ、スピードガンで測定します。一番速いスピードを記録します。使用ボールはKWBボール(硬球と同じ大きさと重さ)です。

4m反復横跳びは、反復横とびの4mバージョンと考えてもらって良いです。20秒間で何回できるかを測定します。測定は1回のみです。

メディシンボール投げは3kgのメディシボールを使用し、バック投(両手でメディシンボールを持ち、後ろに放り投げる。)で距離を測定します。2本測定し、より遠くに飛んだ距離を記録します。

3段跳びは、スタートラインに両脚を揃えて立ち、1歩目、2歩目は片脚で跳び3歩目は両脚で着地する。測定回数は1回です。

Q.KWBでは、硬式用の道具が要りますか?

A.グローブやミット、ヘルメット、キャッチャー用具は軟式用でも大丈夫です。バットは硬式用のチームバットを使用します。ちなみに硬式用グラブやミット、用具を使用することもできます。

Q.島根県選抜チームでは、アンダーシャツやストッキングは何色でしょうか?また、ベルトやスパイクは中学野球で使用している黒色のものでしょうか?

A.アンダーシャツとストッキングはネイビー(紺色)です。ベルトとスパイクは黒色なので中学野球で使用していたものをお使いいただけます。

Q.島根県選抜チームは11月〜12月まで活動するとのことですが、受験勉強が心配なので、10月頃に途中で辞めさせてもらうことはできるでしょうか?

A.退団については、個人の自由なので途中退団していただいて問題ありません。途中で退団されても活動費についてはお返しできませんのでご了承ください。

Q. 選考会で漏れても、練習だけで良いので活動に参加させてもらうことはできないでしょうか?もちろん、活動に必要な費用は負担いたします。

A.2016年から、練習生を16名まで受け入れることができます。最多で36名で活動にできるように準備しております。ただし、測定会に参加していただくことが条件になっております。島根県選抜チームでは、選抜チームに選考された選手も練習生も平等かつ公平に指導しますのでご安心ください。

※2016年は、選考された20名と練習生とを途中で入れ替えることはいたしません。(練習生は大会には帯同しません。)

※練習生の申込みが16名を超えた場合は、測定会の順位を練習生選考の対象とさせていただきます。

※しまね中学生野球力向上事業に関するお問合せは随時受け付けております。島根ベースボールイノベーションの公式ウェブサイトのお問合せフォームからメールでお問合せください。

 

(最終更新日2016.5.2)

2016.04.19
毎日新聞WEB(平成28年2月3日)

毎日新聞WEBにて第1回島根ベースボールイノベーション指導者研修会の様子をご紹介いただきました。

http://mainichi.jp/articles/20160203/ddl/k32/040/451000c

2016.04.19
山陰中央新報(平成28年2月3日)

第1回島根ベースボールイノベーション指導者研修会の様子を記事にしていただきました。

002

第5期 U15 KWB島根県選抜 チーム情報 第四回中学生野球力測定会結果 BEST10 第三回中学生野球力測定会結果 BEST10 第3期(2017) U15 KWB島根県選抜 チーム情報 第二回中学生野球力測定会結果 BEST10 第2期(2016) U15 KWB島根県選抜 チーム情報 第一回中学生野球力測定会結果 BEST10 第1期(2015) 15U KWB島根県選抜 チーム情報 よくあるご質問
高校野球関係者の皆様へのお願い
SBIへのご寄付について SBI YouTube SBIのつぶやき