2018年8月30日

第40回 全国中学校軟式野球大会を終えて

 

 

高知学園高知中学校、仙台育英学園秀光中等教育学校の史上最高レベルの決勝戦(試合は特別延長11回 2–1で高知中の勝ち)で幕を閉じた全中でした。

 

 

 

 

私は、両校の準々決勝と準決勝を観に行き、決勝進出を見届けた後に、それぞれの宿舎に祝福と激励に行きました。選手、指導者、保護者の方々と笑顔でお話することができてとても嬉しく思いました。

 

 

まずは、ここまでのチームを作り上げた高知中・濱口前監督(現・高知高校監督)と秀光中・須江前監督(現・仙台育英高校監督)の指導力には凄まじさを感じました。そして、想定外の監督交代人事であったのにも関わらず、チームを率いて確かに導いた高知中の秋村先生・平田コーチ(高知高校2年生)、秀光中の小杉監督・小野寺コーチ(立教大学2年生)の指導力と情熱に感銘を受けました。

 

 

両校の指導者と選手たちが表現した野球は、スポーツを通り越して芸術の域に達していたと感じます。ゲームのレベルも、選手のパフォーマンスレベルも次元が違っていました。二度とこのようなチームと、試合にはお目にかかれないと言い切ってしまって良いかもしれません。

 

 

 

帰路では、昨年11月のヒロシマリーグや、12月のよさこいリーグ、7月に両校を島根に招いて開催した2018ヒロシマ全中応援事業のことを思い出したり、色々な人の顔を思い浮かべたりしていましたが、やはり和田照茂氏(現日本ハムファイターズ・2軍チーフトレーナー)からすべては始まっています。

 

 

たった8ヶ月前にヒロシマリーグに集結し、日本の野球界と日本のスポーツのために、中学野球から野球を変えていこうと決意を共にした僕達(和田照茂氏、高知中・濱口監督、松陽中・井上監督、秀光中・須江監督、若狭)は、全員が1年も立たないうちに、違うカテゴリーや新しいチームで新たな挑戦をすることになりました。

 

 

誰も想像していなかったこのストーリーとこの結果。

 

 

それが第40回全国中学校軟式大会の決勝戦でした。









第三回中学生野球力測定会結果 BEST10 第3期(2017) U15 KWB島根県選抜 チーム情報 第二回中学生野球力測定会結果 BEST10 第2期(2016) U15 KWB島根県選抜 チーム情報 第一回中学生野球力測定会結果 BEST10 第1期(2015) 15U KWB島根県選抜 チーム情報 よくあるご質問
高校野球関係者の皆様へのお願い
SBIへのご寄付について SBI YouTube SBIのつぶやき